滑走日 : 平成17年1月15日(土)

天  気 : 大雪

気  温 : 大雪の割には気温高い、0度前後

雪  質 : 新雪。パウダー。やや重い。

富士見パノラマスキー場

今週は、蓼科エリアでのスキーです。
このエリア、ここ最近あまり行ってなかったのですが、今回は友人の「やっちゃん」の
家にお泊りというわけで、蓼科でスキー三昧です。
やっちゃんは、長野県中部の伊那地方にある箕輪町に住んでいます。
僕がなぜ彼と友人かというと、それは大学時代の友人だから。
彼と僕は愛知学院大学法学部卒業というわけです。

さて、今日はナイターで楽しんできました。
行き先は富士見パノラマスキー場。
僕自身お初です。
まず、第一印象・・・都会的なセンスのあるスキー場だと思いました。
東京エリアのせいか、いやいや経営努力の賜物か、なかなか良い雰囲気です。
都会的なセンスで統一された、導入路・駐車場・クラブハウス、なかなかセンスを感じます。
植木の植え方、電灯の配置、センターハウスの雰囲気、どれも都会的に精錬されたデザインで
まとまっていて好印象です。
リフト券を買って、なかに入ると「足湯」「モスバーガー」とますます惹かれるものが登場。
ちょっと予想外な好印象にびっくりしましたよ。

さてさて、それでは久々にやっちゃんと一本行きますか!
って気合を入れたいところですが今日は大雪です。
ちょっとヤバイ天気だなぁっと思いながら軽く流してみることにしました。
南岸低気圧が通るというわけで、雪が重いと心配してた予想に反して、パウダー!!!
これは気持ち良いというわけで、あっという間に雪が降るのも忘れてがんがん攻めていました。
そうそう、やっちゃんの滑り。相変わらず、前向きなすべりです。
去年と比べて腰のひねりが強化されたようで、安定度が増した気がしました。
元々コブは上手い人だけに「やばいぞこれは」って正直な感想です。
フラットで彼に教えることは何もないという感じですね。

ここのゲレンデの感想。ナイターなのでエリアは限られていますが、一言で・・・
「良い整備されてますね」って感じです。
綺麗な一枚バーンで、気持ち良いです。
ひとつ心配なのは、あまりに人が少ないこと。ほとんど貸切です。
そのせいかレストランはクローズ。モスバーガーで食事&休憩をしました。
もっとみんなスキー行こうよ!

結局5時30分から9時30分のクローズまで滑り続けて今日は終了。
板を回して回して、しっかりグリップする練習をした一日でした。
帰り雪が20センチほど車に乗っているのをみてビックリ!!!
雪下ろしをして、やっちゃんの家に向かい、夜中までお喋りして就寝。

ゲレンデ評価

コンディション  ★★★★    大雪の影響で雪不足は全く感じない。
                     本来は小雪で硬いバーンだそうだ。
整備状態     ★★★★    圧雪の状態が非常に良くて初心者でも安心して滑れる。
                     コースの視界をさえぎるものもなく安心。
コース設定    ★★★★    ナイターゲレンデに関して言うならば、文句なし。
                     ワイドな斜面を滑れて練習にはもってこい。
サービス      ★★★★    雰囲気が都会的。センスの良さを感じる。
                     従業員も笑顔が絶えず素晴らしい。
食事        ★★★★     モスバーガーしか開いてなかったが、客の少なさからすると仕方ない。
                     従業員も明るくて良かった。
客の質      ★★★★     スキーとボーダー比6:4ぐらい。客層は良くクラブ関係の練習で使って
                     いるようだ。ボーダーは初中級、スキーヤーは上級が多い。
総合点      ★★★★    総合的に良い雰囲気なスキー場だ。今度は是非晴れた日に、朝一で
                     滑ってみたい。              

センターハウス前 「ガラガラです!」

リフトも空き空き

ゲレンデも貸切状態

樹氷になって綺麗でした