滑走日 : 平成16年12月30日(木) 31日(金)

天  気 : 雪

気  温 : 寒い、真冬です

雪  質 : 新雪。パウダー。ただ自然雪ONLYの為、地肌見えるところ多い

白馬八方尾根スキー場

ついに白馬八方尾根に上陸です。毎年ここのゲレンデ行くとスキーシーズン真っ最中に突入した
なあって思います。
今年もそう思うはずですが・・・
さて、29日夕方から寒気が入り始め、雪が降り続いていたため、パウダーを期待して朝一のリフト
で黒菱まで登りました。
すると、そこには予想をはるかに超えた光景が・・・
なんと黒菱クワッドの緩斜面は腰まで埋まりそうなパウダーが、しかもラインはまだ2、3本しか
ついていない。
というわけで、みんな一斉に叫び声をあげながら滑り降りました。
「パウダー最高ーーー」「やっほーーーーー」
こんな、ご褒美久しぶりです。
黒菱を滑りつくした後、スカイラインコースを降下することになり出発するも、これが大変。
パウダーはあるものの、ブッシュ&岩もごろごろ。
何度もつまづき大転倒しました。
しかも斜度が意外と急でストックをついてスピードコントロールしようとしたせいか手が重い。
くたくたになりながら、スカイラインコースを降りました。
ここ滑走禁止でないのが不思議です。
午後からは兎平でコブ三昧。
しかし、はやくも地肌が丸見え。みんなでコブを刻むのは良い事だが、このままでは地面まで
刻んでしまう。
というわけで、比較的積雪量の豊富な裏兎で楽しむことにする。
パウダーの中の柔らかいコブは滑りやすく最高ですね。
技術的なことは全然ダメな一日でしたが、パウダーを満喫できた一日でした。


翌日は、またまた雪です。
しかも、大雪が降りそうな勢いで、視界も最悪。
そのなか、裏兎のコブコブの斜面を滑りまくる。
雪が積もり、だんだんラインが分かりにくくなってきたのが残念だが、なかなか良い雪でした。
さて、今日はリーゼンも滑ってみました。
しかし・・・雪がとにかく少ない。
安心してかっとばせる斜面はどこにもなく、石との格闘です。
石を避け端っこを滑り降りなければならないリーゼンは面白くなかった。
というわけで、3時すぎまで、コブと格闘し帰路につく。
帰り高速が大雪でストップ。伊北まで下道を走る。
大雪が来るのが遅いんだよ!
年明けに期待しましょう。

ゲレンデ評価

コンディション  ★★        石だらけ。板がぼろぼろになります。
                     でも今年は暖冬仕方ないか・・・
整備状態     ★★       せめて夏場に草刈をしておこう。
                     あと、大きな石がもろ出ている箇所が所々にあって危険。  
コース設定    ★★★★     黒菱に雪が無いのは痛い。
                     最高のゲレンデのはずだが、ここまで小雪だと地形が急なのが
                     災いして逆に雪がつかないまま。
サービス      ★★★       相変わらず硬派なゲレンデと都会的な109が象徴的。
                     八方尾根は、ゲレンデで勝負!
食事        ★★★       ゲレ食の典型だが、まあまあ満足できる。
                     マクドナルドが大人気!
客の質      ★★★★     スキーとボーダー比8:2ぐらい。めちゃくちゃ上手い人が多い。。
                     ここはスキーヤーのためのゲレンデ。
総合点      ★★★      なんせ雪が無いのが痛い。黒菱が森のようになっているのは残念。