滑走日 : 平成17年4月30日(土)

天  気 : 晴れ

気  温 : 暑い、25度以上

雪  質 : 重いがこの時期にしては多い

白馬五竜 & 白馬47 スキー場 

ゴールデンウイークは、やっぱりスキーというわけで、白馬に行ってきました。
白馬のスキー場、今年は雪が多かったというわけで、積雪十分です。
去年のように雪をかき集めてなんとか営業ということもなく、行けるかどうか分からないというような
ことも無く、安心してシーズンを終えることが出来ましたね。

さて、初日は白馬五竜&47です。
普段この時期は八方尾根なんだけど、今回は47のルート3が雪が豊富というわけで行ってきました。
47のルート3といえば白馬では、八方の黒菱に次ぐ人気の急斜面コブ。
ここを、颯爽と滑り降りてみたいですね。
ま、現実はなかなか厳しいのですが・・・

さてさて、コブ好きの皆さんは、この時期のゲレンデ大好きですよね。
なぜなら、板が走らないから・・・そう雪が重くて板が進まないんです。
というわけで、トップシーズンでは、ちょっと苦しいコースもこの時期なら滑れるというわけで、47の
「ルート3」や、八方の「黒菱」「兎平」は大賑わいです。
私も今日ならなんとか「ルート3」滑れるかなというわけで、行ってきたわけですよ。

今回は春スキーというわけで、朝も気合が入らず6時に名古屋発です。
ま、11時ぐらいに着くかなぁと思って、ゆっくり北上ですよ。
それが、、、意外と空いてて白馬に10時前には着いてしまいました。
この時期は、道が空いてて良いですね。
さっそく五竜の駐車場に向かいます。
しかし、違和感ありますね。周りの景色が全く違う。桜が咲いて、いたるところに花花花・・・
雪が無いことは、寂しいような・・・ちょっとホッとするような!

桜の花が咲く五竜の駐車場からゴンドラに乗ってアルプス平に向かいます。
この時期でもなんとか、下山ルートも滑走可のようで、今年は雪が豊富ですね。
アルプス平は、どうかなぁ・・・と不安な気持ち一杯でゴンドラを降ります。

・・・そこは、雪景色!!!下界とはまったく違います。でも下界を見下ろすと緑緑緑・・・
季節の移り変わりは面白いものです。
わずか1ヶ月で景色は様変わりですね。
背後にそびえる北アルプス連峰の五竜岳には菱の字をした「五竜菱」がくっきりです。春いや季節を実感
できます。

さて、肝心のルート3・・・滑りましたよ!
雪はまだまだOKです。一部土が出てましたが、気をつけて滑れば大丈夫。
楽しんできました。
真冬は硬く固まったコブもこの時期にはすっかり柔らかくなり、実に滑りやすいです。
きてよかったルート3!!!
ほとんど止まることなく降りることも出来ました。

今日は、五竜でモーグルコースも楽しみました。
この時期は上手い人が多く、コブも深く縦に走ってます。
それでも、気合を入れて滑ってきました。
「板を体で持ち上げて次のコブに向けて降ろす感覚」がつかめてきた気がします。
汗だくになりました。疲れました。そして楽しみました!!!

というわけで、お泊りは 「プチホテル みそら野」 です。
このホテル古いだけあってなかなかサービスが良いですね。
これといって特別なものがあるわけじゃないけど、サービスのコツを知ってます。
お客さんにとって一番嬉しいのは、ほんのちょっとの「心構え、心遣い、心配り」なんですよ。
とくに変わった料理ではないけど、暖かくて美味しいと思える温かみの感じられる料理(心構え)、翌日の
帰りのお風呂まで心配してくれる(心遣い)、お客さんにとって居心地の良い席に自然と案内してくれた
(心配り)古くて長続きするにはわけがあるんですね。


五竜尾根から見る五竜岳の五竜菱
(中央左の最も高い山が五竜岳、頂上直下に菱の字が見えます)