滑走日 : 平成17年1月30日(土)

天  気 : 雪 時々みぞれ

気  温 : 気温は低くないが風が強い

雪  質 : 最近の気温上昇と雨で重い雪。

おんたけスキー場

今シーズン3回目のおんたけです。
1月に入ってからの大雪で、雪不足の心配も無いと思って道中ハンドルを握るも、、、
しかし・・・意外に圧雪路面の登場が遅い。
ゲレンデ間近まで普通の道になっているではないか。
そういえば、道端の雪も少ないような。。。
ちょっぴり不安な気持ちでおんたけに到着です。

さて、今日は到着と同時に雪が降り始め風が強い。
どうやら天気が急激に下り坂のような。
曇り予想が・・・はずれましたね。
そんなことを言っても仕方ないので、さっそくゴンドラに乗り頂上に。
頂上に着くころには雪も本降りに、さらにガスで視界も最低です。

とりあえず、フラットを何本か流し感覚を確かめる。
どうやら雨が降った模様。雪質が想像以上に悪い。春雪に近い重たさです。
この時期「おんたけ」でこの雪質とは、数年前まで考えられなかったことなのに。
地球温暖化は確実に進んでいる。

さてさて、慣れたところで恒例の第7クワッド沿いのコブへGO!
うーーーん、雪とガスでコブが全く見えない。

みなさん、あまりの視界の悪さと強風で悪戦苦闘です。
しかも、なんとこの時期に地肌が見えている。
ちょうど、最後の急斜面が現れる部分、かなりの範囲で地肌が見えてます。
標高2000mの第7で1月末に地肌が見えているとは、おんたけの雪不足は深刻ですね。
なぜ、岐阜奥美濃や新潟では大雪なのに、木曽地方では小雪なのでしょう。
どうやら、海岸近くで雪が降り、内陸で小雪なのは暖冬の証拠だとか。
実は今年は大雪ではなく、ドカ雪が降っているだけだそうです。

というわけで、まともにコブを滑ることが出来ず、早めに昼食を食べに、チャンピオンゲレンデ
に下りることにしました。
チャンピオンも案の定、雪不足で地肌見えまくり。まるで3月末です。
以前にも紹介した「ダイヤモンドダスト」の食事美味しいです。
おんたけに来たらここで昼食、これは最高の楽しみかもしれません。

午後から、再び第7にもどり何度かコブ斜面を滑るも、さらにに視界が悪化してきて午後は
さっぱりです。
といいつつも4時まで滑り、今日はおんたけの誇る大浴場「ざぶん」で暖まり帰路に。
ちょっと不完全燃焼な一日でした。

ゲレンデ評価

コンディション  ★★       なぜか1月上旬より悪化。雪は確実に減っている。
                     第7、チャンピオンは地肌露出。積雪はかなり少なめ。
整備状態     ★★★       雪不足のせいか整備に苦心のあとが見える。
                     立ち入り注意のポールがあちこちに立ち、雪不足深刻!
コース設定    ★★★★    リフト券売り場の前が完全に子どもの遊び場になった。
                     パークが第4に移動したこととあわせて良いことだと思う。
サービス      ★★★★    相変わらずお客さんが少ない。そのせいかみんな元気がない。
                     色々イベントをやって頑張ろうとしている姿勢を評価。
食事        ★★★★★   ダイヤモンドダストのハンバーグ&ステーキは最高。
                     1000円で下手なステーキ屋より旨いです。
客の質      ★★★★     シーズン券で来ている人も多く平均して上手い。
                     岐阜と比べて平均年齢高め。
総合点      ★★★      雪不足が深刻だ。せっかくサービス面で良くなったのに残念。
                     なんとか木曽エリアに寒気が入ってくれることを願う。             

ガスで曇る第7

第5リフト乗り場から