鷲ヶ岳スキー場

滑走日 : 平成16年11月13日(土)

天  気 : 快晴

気  温 : 一日を通して高い

雪  質 : 一日を通してかなり酷いザラメ
  

さあ、いよいよです。今シーズンも始まりました。
毎年の事ながら、胸ときめかせ名古屋を朝7時頃出発。
しかし、今年も暖かい。空を見るとまだ秋ではないか。しかも美濃以北は紅葉真っ盛り。
早く本格的な寒さが来ればいいけど・・・と願いながら東海北陸道の道中ハンドルを握る。
途中、紅葉見物の観光客で若干渋滞したものの、比較的スムーズにゲレンデに到着。
しかし、違和感あるなぁ。周りはめちゃくちゃ紅葉が綺麗。
しかも鷲ヶ岳ゴルフクラブでは気分よさそうにゴルフをしているではないか。
そんな気分で、まずゲレンデに上がってみる。
ゲゲ・・・激混みではないか!!!
駐車場の車の台数から混雑は予想していたが、ここまで凄いとは・・・一瞬帰ろうかなぁ
と考えるも諦めて滑ることとする。
リフト待ちは意外と短いといっても30分程度、しかし輸送力抜群の高速クワッド、ゲレンデ
には歩行者天国のような人の群れ。
とりあえず、一本目はゆっくりと滑る。さすがに人が多くて、ボーダーを避けるのに苦労しな
がらストレスを溜めた1本目になってしまった。
実は今シーズンから私マテリアルチェンジしたんです。
モーグルで有名なID−ONEのMRDに!
この時点では、良さが全くわからず微妙な気分になりながら2本目に。
しかし、毎年の事だが、1本目は違和感のかたまりですなぁ。。。
30分のリフト待ちを経て2本目になってようやく調子がちょっと出てきた。
切れのある小回りがちょっとずつ出来てくるものの、まだ調子はつかめず。
そんな感じで午前中滑り続け、午後になりようやく調子が出てくる。
この板、自分で動くと良い感じかも。色々楽しめそうな気がする。
早くコブを滑ってみたいと思いつつ、コブっぽくほれてきたところでジャンプしたりして遊びな
がら午後滑る。
結局4時のクローズまで滑り「湯の平温泉」による。
この温泉この地方では一番好き!湯質が良いから、あと意外と混まない。
夕食も、湯の平温泉の傍の茶屋でソバを食べて、気分良く帰路に着く。
今日の収穫は、ID−ONEが滑れたこと。そして可能性を感じたこと。その可能性が何かと
いうことはまた次回のお楽しみというわけで。本日は終了!

ゲレンデ評価

コンディション  ★★★★    この時期滑れることはすごいこと!
整備状態     ★★★★    30mしかコース幅が無いが、コース脇にチップを敷いており
                     安心して滑れる。この配慮はすばらしい。
コース設定    ★★★      ボーダー向き。まだコブは無い。
サービス      ★★       毎度ながらここはいまいち。
食事        ★★       高くて不味い!ゲレ食の典型に近いものがある。
                     岐阜のスキー場はどこも同じようなものかも。。。
客の質      ★         異常にボーダーが多い(9割以上)しかも座り込み、暴走等
                     マナー最悪。注意喚起が必要では。
総合点      ★★★      この時期からOPENしているのは凄い事。しかしやや宣伝
                     過剰な気がする。スキーを純粋に楽しんでいる人には、
                     少々サービス面で冷めさせられる。